援交で妊娠した時はどうしたらいいの

援助交際により本人達の希望しない様な妊娠をした時は、女性達はその後に様々な問題を抱えて行く事になります。
仮に援助交際を行っていた女性達が、「少女」の年代であれば、とても「酷」な体験をする事になります。

彼女らの大半は、始めその妊娠の事実を隠すかと思います。
父親に気付かれれば暴力を奮われるかもしれません。
また母親に言ったらとても悲しむ事でしょう。

先生だと秘密を守らない事もあり、また友達も信頼出来ない。
その様な状況であれば、ついに誰にも相談する事も出来ず、そのままずっと一人でこの妊娠の事実と戦って行く事になってしまいます。

また妊娠の事実を隠避する事も簡単かもしれませんが、少女達はそのまま隠微し続け、最終的に臨月の時まで学校に行った少女達もいます。
また最悪のケースでは、とうとう誰に相談する事も出来ず、たった一人で出産する事もあります。

援交の場合、自らを妊娠させた男性のその身元も知らず、援交の後の手術料金を貰う事も出ず、連絡もつかない事も多い様です。
その結果少女達は何の対策を取る事も出来ず、堕胎の期間に間に合わない事も多い様です。

当然とこの様な妊娠のリスクの他に、暴行事件になる事もあります。
この援助交際と言う行為が、とても恐い事件の発端になる事も多い様です。

けれどもたいていの少女達はその様な危険を知らないで、出会い系サイトを介して援助交際を行い、遂には妊娠する事になります。

援助交際における恐怖

援助交際により、いろいろと怖い事に遭う様な少女達がいる事実を知っていますか?
最初に援助交際そのものは、その相手の男性から必ず「報酬」を貰えると言う保証はありません。

中には行為の後に逃げる方達も多いのです。
またホテルで少女達の裸を写しし、それを元に金銭の要求をする様な男性達も多いのです。
こうなってくるとそれはもう犯罪になってきますが、「必ず支払う」「乱暴する事は無い」などと言っても、この様な犯罪を行う男性達は結構多い様です。

援交そのものは誠実で無いので行えるものなので、実際に約束を守れる様な方達は最初からこの援交とかはしないと思います。
また実際にお金があれば、自分から「報酬は事前に渡すよ」と言う様に余裕を持って言う方達も多いかと思います。

この様に援助交際を行う男性達をすぐに信じないで下さい。前述の様なとても大変な事に遭う事も多いし、またその時の写真を元に脅迫される事も多く、その結果引越しをしないといけなくなる時も出てきます。

援助交際を行うと言う事は、自ら犯罪に係わってくる事にもなります。
寂しさからつい行ってしまっても、他人から忠告される前に自らの意志によってこの援助交際を断ち切る様にして下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ